情報

書籍

こんにちは。修羅男です。ここでは、修羅男がポーカーが強くなるために読んだ本を紹介します。読んだ増えたら随時更新します。

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

これはポーカープレイヤーの中で最も有名な本と言えます。表紙が緑色であることから、グリーンブックと言われています。ポーカーの基礎的な内容から、トーナメント・リングでの立ち回り、ハンドレンジなど幅広く記載されています。テキサスホールデムを始めるなら、「まずこの1冊を読みましょう。」と勧められる本です。修羅男としては、各ラウンド(フロップ、ターン、リバー)ごとの考え方を記載している部分が非常に良いと感じました。

アグレッシブポーカー トーナメントを制覇しろ

この本はトーナメントをいかにアグレッシブに攻めるかが記載されています。上記の基本的な考え方を知った上で、トーナメントでもう1段上位を目指すときに読むとよい本だと考えます。もちろん、アグレッシブが必ず良いと言うわけではありません。しかし、トーナメントでは少なからずどこかでアグレッシブになる必要があります。そういった部分をしっかりと知識で学ぶことができる内容になります。修羅男は、海外のトーナメントに出場するために往路の飛行機の中でこの本を読みました。

FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

この本は、修羅男が「もっとリーディングスキルを伸ばしたい。」と思った時に読んだ本です。この本は非常に現実的、かつ論理的な内容になっています。「この仕草をすれば嘘」というような簡単な内容ではありません。その人の行動の"差"から相手を分析することを学びます。また、人間の誰しもが持つ身体的な癖や動きについても語られています。この本を読んだ後にリングゲームをすると、しっかり相手を見るようになれるのでお勧めです。

一瞬でYESを引き出す 心理戦略

ポーカーとはまったく関係ないですが、メンタリストDaiGoの本です。DaiGoはたくさんの本を出しているようですが、特にこれがよかったというわけではありません。たまたま友人から借りた本です。この本の良かったところ、相手を"誘導"するというところです。ビジネスを題材にした内容ですが、「相手と親密になる」であったり、「快くYESを引き出す」と言ったことが書かれています。この本の内容から、相手をフォールドへ誘導するスキルが身に着いたと思っています。是非、読んでみてください。

-情報

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5