戦略(コラム)

ポーカーから学べる人生で成功するために必要な3つの能力

こんにちは修羅ポのredcatです。ポーカーは楽しいゲームですが、知的スポーツと言われるように頭をフル回転させて競い合う競技でもあります。

身体を動かすスポーツをしている人が身体を鍛え健康で強い肉体を手に入れるのと同じように、ポーカープレイヤーはプレイを通じて頭脳を鍛えることができます。

本記事では、ポーカーのプレイを通じて得られる、人生で成功するために活用ができる3つの能力について考えてみたいと思います。

1.冷静さと忍耐力

ポーカーをプレイする上で最も大切とも言える資質なのではないでしょうか。ポーカーのルールはフェアなものですが、言うまでもなく、ポーカーは他のスポーツと比べて運の要素が結果に大きく影響します。1,000ハンドこなしてもポケットエースが配られない。やっと配られても、他のプレイヤーとハンドが絡まず利益が取れない。。。などということはザラにありますし、レースで2枚のアウツを引かれてクラックされることもあります。

ポーカーで最も簡単に負ける方法は、そうした不幸な状況にカっとなり、冷静さを失って(ティルトになって)普段は参加しないハンドで参加し続けることです。

運の要素が絡むとはいえ、ポーカーはれっきとした知的スポーツであり、長期的には正しいプレイをしている方が勝ちます。常に冷静に、正しいプレイに近づけるように行動し続けることで、ダウンスイングを抜けて最終的に勝利をおさめることができます。

ポーカーを長年続けている人は少しくらいのバッドビートにはびくともしない精神力を持っています。じっと耐え続け冷静にプレイを続けることで最終的に勝利を手に入れるのです。これが、実社会にどのように役立つかについては語るまでもないでしょう。

2.観察力・分析力

冷静さと忍耐力の次に大切な要素が、観察力と分析力です。ポーカーは不完全情報ゲームですが、ひとたびテーブルについたら、考慮すべき情報の多さに驚くでしょう。テーブルの各プレイヤーのアクションやスタックサイズ、ポット額に始まり、細かなテルやテーブル状況、自分が相手からどう見られているか・・・ポーカーテーブルでは、二度と同じ状況は無いと言っても過言ではないほどに情報に溢れています。

当然、これらの情報は活用すべきものであり観察力と分析力に優れたプレイヤーにとっては負け額を抑え、利益を最大化することに貢献します。特に、自分を含めた場の状況を客観視することが、ポーカーで勝ち組になるためには必須と言われています。これは、具体的には「自分のハンドレンジは相手からどう見られているか」を意識することであり、さらに「自分のハンドレンジは相手からどう見られているか、を相手はどう考えているか」を考えることでもあります。言葉にするとややこしいですが、これほどまでに多くの情報をこれほどまでに深く分析することは、日常生活ではまず行いませんよね。

ポーカープレイヤーは周囲の物事を観察し、多くの情報を客観的に深く分析することが自然と身についていきます。これは特に、ビジネスの世界においては絶大な力を発揮します。逆説的になりますが、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなど、世界的に有名な経営者や投資家といったビジネスの世界で大成功を収めている人物たちがポーカーを好んでいることもその裏付けになりますね。

3.合理的思考

最後に、ポーカーを通じて得ることができる重要な能力の一つに合理的思考があげられます。数学的思考とも言いかえることができ、数字を根拠として期待値に沿った行動を論理的に導き出す能力です。ポーカーでは、様々な場面で数学の知識が活躍します。

例えばフラッシュドロー(アウツは9枚)が次のストリートでフラッシュが完成する確率は約18%です。リバーまで見られるのであれば約36%となります。フロップでドローの場合に、相手のオールインに対していくらのオッズがあればコールすることが正しいのか、といった判断に使われるのも言うまでもなく数字です。もちろん、短期的には期待値のとおりにならないことは多いですが、長期的には収束していきます。

ポーカーもビジネスも短期的にみると、運が良くて成功することがありますが、それが本当に合理的で正しい判断なのかということを考えることは、ビジネスでもポーカーでも、成功を継続するためには非常に大切です。

-戦略(コラム)

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5