戦略(コラム)

ポーカー初心者がカモから脱却するため意識したい4つの基本戦略

本記事では、ポーカー初心者がカモから脱却し大負けすることを防ぐために、必ず抑えておきたい4つの基本戦略を紹介します。

 

なお、本稿ではリングゲームを前提としていますので、トーナメントなど、他のゲームをプレイする場合には多少の修正が必要なことをご留意ください。

 

1.参加するハンドを絞る

最も有効で簡単にできる戦略がプリフロップで参加するハンドを絞ることです。しかし、同時に最も難しい戦略でもあります。なぜなら、参加するハンドを絞り込むことで降りるハンドが多くなり、ゲームに参加せずに降り続ける我慢の時間が長くなってしまうからです。ポジション毎の参加ハンドはこちらのポジション別オープンハンドレンジを参考にしてください。

 

参加するハンドを絞り込むことで、当然ですが自分がゲームに参加する際に持っているハンドは、常に強いものになるため、相対的に有利な状況でプレイする機会が増えます。また、ハンドがボードに絡まなかったときには、撤退の判断もしやすくなります

 

どの強さのハンド参加するべきなのか、ということは自分のポジションに大きく影響されます。ポジションはテキサスホールデムにおいて最も重要なコンセプトの一つであり、ここで全てを語ることはできません。しかし、ポジションについて深い理解がなかったとしても、上で紹介したハンドレンジ表を参考にすれば、初心者でも簡単に、どのハンドで参加すべきか決めることができます

 

2.リンプは絶対にしない

リンプとは、ブラインドのあるゲームで、プレイヤーが最初のアクションとしてレイズではなく、ビッグブラインドの額にコールすることです。

 

リンプは扱いが難しいプレイで、プロのポーカープレイヤーでもリンプの是非については意見が別れるほどです。上級者の中にはリンプをうまく使って利益をあげている人は存在しますが、初心者は、「リンプは絶対にしてはならない!」と覚えておきましょう。

 

リンプが有効なプレイでない理由は大きく3つあります。

リンプが駄目な理由1 相手をフォールドさせることができない

オープンリンプをした場合、BBにフォールドさせることはできません。SBも同様で、オープンレイズが入ったらすぐに降りるような弱いハンドであったとしても、場にわずかなチップを追加すればポットに参加できるため、降りることは少ないです。つまり、オープンリンプをすると、相手をフォールドさせてチップを手に入れるチャンスを逃すことになるのです。

 

リンプが駄目な理由2 相手のハンドレンジが絞れない

上記のように、あなたがオープンした場合、敵はどんなハンドでも参加してくることができます。そのため、相手のハンドが絞れません。相手はモンスターハンドを完成させているかもしれませんし、フロップをミスしているかもしれません。あなたはレイズするほど強くないけれど参加したい、という微妙なハンドで、フロップ以降で難しい判断を迫られることになります。

 

リンプが駄目な理由3 強くヒットしたとしてもボードが膨らまない

例え投機的なハンドでオープンリンプしてたまたまボードに強くヒットしたとしても、ポットに入っているチップの額は少なく、せっかくのモンスターハンドで十分な利益をあげることができません。オープンリンプはトリッキーなプレイです。あなたが偶然に強くヒットしたボードで突然たくさんのチップをポットに入れだしたら、慣れたプレイヤーであればリスクを犯さず降りてしまうでしょう。

 

3.ブラフはしない

ブラフはポーカーにおいて非常に重要なプレイの一つです。しかし、同時にとても使い所が難しいプレイでもあります。初心者のうちは自分のハンドの強さに素直に打つことを心がけたほうが良いです。特に、ピュアブラフ(※)はご法度です。

※相手に確実に負けていると判断している状況で相手にフォールドさせるために行うブラフ

 

ポーカー初心者は、行動から他のプレイヤーに対して多くの情報を与えてしまっています。敵はあなたの行動から、あなたのハンドが本当に強いのか、ブラフをしてきているのか見抜いてしまいます。そうした相手に対して自分からポットに多量のチップを投じることは自殺行為です。

 

まずは自分のハンドの強さに応じてプレイすることを心がけ、慣れてきたらセミブラフから挑戦してみましょう。

 

4.プリフロップではボタン以外でコールしない

テキサスホールデムで勝つために重要な要素として多くのプレイヤーが挙げるものが「ポジション」です。ボタンは最も良いポジションで、多くのシチュエーションで有利にプレイすることができます。反対に、ポジションがない状態でのプレイは多くの場合とても難しく、不利になります。

 

ボタン以外のポジションでコールするということは即ち、「あなたがポットを手にするためにはフロップ以降で不利なポジションで相手を打ち負かす必要がある」ということに他なりません。これはとても難しいことです。わざわざ難しい状況に置かれるようなプレイは初心者のうちは避けるべきです。

 


 

いかかでしたでしょうか。ポーカーには様々なプレイスタイルがあり、どんな場面でも通用する戦略はありません。もちろん、本記事で紹介したスタイルも例外ではありません。上級者には対策されてしまうこともあるでしょう。しかし、初心者にとってここで紹介する戦略に従うことは、闇雲にプレイする場合と比べて遥かにつけ入るスキの少ない有効な戦略です。

 

上を目指している方も、まずは本記事で紹介したタイトアグレッシブなスタイルを身につけて使いこなし、戦略を学ぶにつれて徐々に自分のスタイルを確立していきましょう!

-戦略(コラム)

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5