NEWS インタビュー

[インタビュー]KKPOKER LIVE TOKYOを優勝者godwildさんと振り返る

今回は、2021年6月に開催されたKKPOKER LIVE TOKYOを優勝されたgodwildさんと一緒にKKPOKER LIVE TOKYOを振り返っていこうと思います。前回、JOPT優勝者の黒田洋介さんを取材した記事を多くの人が見てくれたので、その第2弾として記事を書きました。godwildsさんの強さ、KKPOKER LIVE TOKYOの魅力についてお届けします。

インタビュー

<<ポーカー全般について>>
---KKPOKER LIVE TOKYO優勝おめでとうございます。また、優勝トロフィー写真のご提供ありがとうございました。
godwildさん:ありがとうございます。初めて参加した大きなトーナメントで結果を残せてよかったです。素直に嬉しいです。

---大きなトーナメントは初めてなんですね。ポーカーはいつから始められたんですか?
godwildさん:ポーカーを始めたのは2020年11月です。Youtubeの「世界のヨコサワ」さんの動画を見て「ポーカーって面白そうだな。」と思ったのがきっかけでした。

---去年の11月から始めたんですか!?ということは、ポーカー歴7ヶ月で優勝したということですよね!凄いですね。7ヶ月間はどんな勉強をされていたんですか?
godwildさん:実は、座学はほとんどやっていないんですね。最初にルールだけ覚えて、あとはアミューズメントカジノに行っていました。なので、実践で覚えたという感じですね。KKPOKER LIVE TOKYOのちょっと前にエド・ミラーの本を勝って、読み始めたところでした。

---では、ほとんど座学なしってことなんですね。ルールはどうやって覚えたんですか?
godwildさん:もちろん、修羅のポーカーさんの記事です。本当です。あとは、ネットの動画ですね。

---ありがとうございます。オンラインもやったりするんですか。それこそ、KKPOKERなど。
godwildさん:オンラインもやりますよ。KKPOKERとGGPOKERやっています。PokerStarsもちょっとやりましたよ。オンライン:ライブが半々で、リングとトナメも半々くらいです。

<<KKPOKER LIVE TOKYOについて>>
---さて、ここからはKKPOKER LIVE TOKYOについて聞かせてください。まずはサテライトについて、教えて下さい。
godwildさん:サテライトはPOOL BLOWさんでGETしました。それこそ、Day1が始まる直前でしたよ。確か1週間前からだったかな。サテライトは3回くらい参加してて、やっと1権利取れたという感じです。オンラインサテライトもやってましたが、そこでは特に勝てませんでした。

---1権利での本線参加はどうでしたか?
※初期スタック:1権利→20,000点、2権利→35,000点、3権利→50,000点
godwildさん:「1権利はちょっと厳しいかな」と思ってはいましたが、そこまで深くは考えていなかったです。それこそ大きな大会は初めてだったので、スタックまでは大きく意識してなかったです。ストラクチャーも緩やかだったので、20,000点でも十分でしたよ。

---DAY1からDAY2に向けての話を聞かせてください。
godwildさん:Day1終了時点でショートスタックだったんですよ。10BB切っていたと思います。なので、「Day2は早々にALL-IN入れて帰って来るか。」という気持ちでした。1週間でもっと勉強しようとかもなかったですし、気負うことはなかったですね。私は大阪会場のDay1を突破したので、Day2は東京に遊びに行くような気持ちでいました。Twitterで知り合った友人が東京にいたので、その人たちに会えるな~くらいですね。そうそう、交通費が全額出たんですよ。それは助かりました。

---交通費が出るのは嬉しいですね。では、Day2の話を聞かせて下さい。
godwildさん:Day2始まってすぐの場面で、劇的なプレーがありました。同卓した人にチップリの方がいたんですよ。ちなみにチップリは私の10倍チップ持っていましたw

<godwildさんのハンド>

【プリフロップ】
godwildさん:レイズ
チップリの方:リレイズ
godwildさん:ALL-IN
チップリの方:コール

<チップリの方のハンド>

【フロップ】

【ターン】

【リバー】

フロップ開いた瞬間に、相手が2ペアで絶望的だったんですけど、ターンでAヒットになり、リバーで相手よりも上のツーペアを作ることができました。これが一番劇的なシーンでしたね。

あとは、その後にまたAKが来たときの話ですね。その後、40BBくらいまで増やした後に、以下のハンドがあったんですね。

<godwildさんのハンド>

先ほどと同じチップリの方:レイズ
godwildさん:リレイズ
先ほどと同じチップリの方:ALL-IN
godwildさん:フォールド

<先ほどと同じチップリの方さんのハンド>

先ほどと同じくAKが来ていたんですが、相手がALL-INを入れるシチュエーションでした。「ここで無理する必要はないだろう。」とフォールドしたら、相手の方がハンド見せてくれたんですね。ここで無理をしなかったのが良かったのかもしれません。

---着実にチップを増やしていったと言うことですね。バブルラインはどうだったんですか?
godwildさん:バブルラインのときに、確か結構チップを持っていたんですね。なので、自分がここで飛ぶことはないだろうということで、緊張はありませんでした。「ここでプッシュして、チップ増やしておこう」とか「インマネしたい。優勝したい。」といったこと考えてなくて、「これまで通り、やれることをやろう。」と思っていました。

---平常心でバブルラインに臨んだということですね。では、FTに進んだ時はどうでしたか?
godwildさん:まずは、素直に嬉しかったですね。ただ、そのときも「優勝」と意気込むことはなかったです。確か一番チップを持っていたと思うんですけどね。初めてことが多くて、「優勝」を意識することがありませんでした(笑)。

---FTでも平常心を保てるなんて凄いですね。では、最後のHUの時はどうでしたか?
godwildさん:相手はりょうなさんだったんですよね。有名な方なんで、「さすがだな」とは思っていたんですが、緊張はありませんでした。チップは、自分の方が倍くらい多い状態でしたね。あと、そもそもプライズが既にWSOPメインシートは決まっていたんですね。なので、1位と2位の差は、確かトロフィーと渡航費が出るかだったと思います。なんか、不思議な感覚でした。

---では、ずばりKKPOKER LIVE TOKYOの優勝の要因はなんでしょうかか?
godwildさん:間違えなく運です(笑)。本当にラッキーでした。ビギナーズラックですね。強いて言えば、80%が運で、20%は良いプレーができたところだと思っています。先程のDay2のAKでフォールドした時の話もそうですが、無理せず、慎重にプレーしていたんですね。勝てる時に勝って、降りるところでちゃんと降りるをできたことがよかったのだと思います。私はタイトなプレイヤーなので、きっちりハンド絞って、自分のプレースタイルで最後まで戦えたと思っています。
あとは、良いか悪いかは置いておいて、ピュアブラフはほとんどしていないです。セミブラフはもちろんしましたが。なので、初心者らしく、手堅いプレーが結果につながったと思っています。

<<KKPOKER LIVE TOKYOの良さ>>
---ありがとうございます。では、ここでKKPOKER LIVE TOKYOの良さについてお伺いしたいと思います。初めて優勝したトーナメントですが、どのように思いますか?
godwildさん:良い大会ですよね。まず、オンラインとライブのハイブリッドという点が面白いですよね。サテライトを開催している店舗が近くにない人もオンラインでサテライト・Day1に出れるところは良いと思います。

---オンラインがあると全国どこにいてもチャンスがありますよね。会場についてはどうですか?サテライトは京都、Day1が大阪、Day2が東京でしたね。
godwildさん:もちろんアミューズメントカジノでライブでサテライトが開催されるのはいいですよね。私は京都に住んでいるんですが、京都でサテライト店舗があってよかったです。最近、全国でアミューズメントカジノが増えてきていると聞いたので、サテライト店舗も増えるといいなと思っています。あとは、Day2の交通費が出たのは本当に良かったです。ショートスタックだと、「これでDay2か~」と思ってしまいますが、交通費のおかげで東京旅行を楽しめました。

---プライズの面ではどうでしょうか。
godwildさんWSOPメインシートが3名に配られるのは凄いです!HUのときの話に書きましたが、最後のHUになったときにWSOPは既に獲得済なので、気持ちが楽でした。あとは、トロフィーとメダルの2つもらえたのも地味に嬉しかったです。

<<WSOP(ラスベガス)について>>
---では、ここからはプライズのWSOPについて詳しく聞かせてください。もうラスベガスのチケットは取ったんですか?
godwildさん:まだですね。必ず行くと思いますが、コロナの状況が見えないのもあって、チケットはこれからです。

---滞在日程はどうされる予定ですか?仕事を調整するのも大変ですよね。
godwildさん:私は勤め人ではなく、自分でビジネスをやっているので、メインの全ての期間は現地にいる予定です。メインの期間の宿は、シェアハウスに泊まりたいと思っています。現地で日本人の方でWSOPに参加されている人と交流できればと思っています。

---日本人コミュニティ楽しそうですね。WSOPの目標はなんでしょうか?
godwildさん:やっぱり、メインイベントでインマネしたいですよね。あとは、初めての海外カジノなので雰囲気を楽しみたいと思っています。メインの他にも2~3個トーナメントは出る予定です。あとは、キャッシュゲームもやる予定です。人生初めてのキャッシュゲームなんで、まずは一番低いレートからやってみようと思います。

---いいですね。良い結果が残せることを願っています。今後の目標はありますか?
godwildさん:WSOPも含めですが、他のトーナメントで結果を残したいです。一発屋と思われたくないですね(笑)。次回のKKPOKER LIVE TOKYOも勝ちたいです。

---本日は、インタビューありがとうございました。
godwildさん:ありがとうございました。

godwildさんの情報

氏名 godwild(twitterはこちら)
生まれ 昭和60年
出身 京都
家族構成(2021年8月時点) 独身
ご職業 不動産関連業務


写真は、優勝者へ送られたトロフィーとメダルです。

まとめ

いかがでしたか。前回の黒田さんはポーカー勉強歴3カ月、gowildさんはポーカー歴7カ月で大型トーナメント優勝です。勉強した時間やこなしたハンド数に関わらず、誰もが優勝のチャンスがあるのがポーカーの良いところですね。私も優勝したい!

次のKKPOKER LIVE TOKYOは2021年12月に開催予定だそうです。KKPOKERの登録をして、トーナメントに備えましょう!

 

 

 

-NEWS, インタビュー

© 2021 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5