修羅男のナイスリーディング

修羅男のナイスリーディング その2

ここでは、筆者の修羅男がうまくリーディングできたときの経験を記載します。読者の皆様も相手を読む際に活用してください。

※注意 修羅男のプレーがセオリーと異なっていたり、下手なプレーをしていることが多々ありますが、そこはご愛敬ということで見逃してください。

相手の目線からハンドを想定できたリーディング

自分の家でホームゲームをやっているときの話です。友人が新たなメンバー(ちょいギャル)を連れて来てくれました。その人とのヘッズアップの話です。

ちょいギャル:EP2でオープンレイズ3BB

修羅男:ボタンからA♡J♠でコール

SB,BBが降りてヘッズアップへ

<フロップ>

この時に、修羅男はちょいギャルの目線に注目しました!フロップは、J☘→8♢→2☘の順で開かれました。そのときの彼女の目線は以下の図の流れでした。

修羅男:「目線が一番最初に見たJ☘に戻った。ということは、このカードがキーカードであることは間違えない。J持ちか、☘2枚持ちのどちらか。」

ちょいギャル:ベット5BB

修羅男:コール  ←  「ターンでJ以下のカードで☘落ちなければバリューとれる。」と考えていました。

<ターン>

( ゚ ω ゚ ) ! !

ちょいギャル:ベット8BB

修羅男:「ここでフラッシュ完成しているなら、自分のアクションがコールはよくない。フラッシュで打ってくるタイプか?J持ちなら勝っているが、J持ちでもう一枚が☘だとリバーで☘落ちた時に厳しい。ターンで判断を決めたい。レイズしよう。コールかリレイズ入ったら負けている可能性高し。」

修羅男:レイズ20BB

ちょいギャル:フォールド

このプレーの後に自分のハンドを見せたところ、ちょいギャルもハンドを見せてくれました。Q♢J♢のスーコネでした。ちょいギャルは、「相手が1枚フラッシュ完成させるのが嫌でターンも引き続きベットしたが、レイズが返ってきて降りた。」とのことでした。

まとめ

フロップが開くときに相手の目線を確認しており、相手のハンドを絞れていたところがよかったです。結果的には、ターンをコールでもリバーにQが落ちなければ勝てている状況でした。しかし、ターンをコールに留めてリバーで大きく打たれた場合、ターンよりも難しい状況になっていたと思います。(ちょいギャルは初対面のなのでプレースタイルもわからないし。)

フロップが開かれるときに、相手プレイヤーの目線を追うことも重要です。

-修羅男のナイスリーディング

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5