リーディング成功談

リーディング成功談4 思考時間

ここでは、筆者の修羅男がうまくリーディングできたときの経験を記載します。読者の皆様も相手を読む際に活用してください。

※注意 修羅男のプレーがセオリーと異なっていたり、下手なプレーをしていることが多々ありますが、そこはご愛敬ということで見逃してください。

リバーのブラフをキャッチしたときのリーディング

自分の家でホームゲームをやっているときの話です。友人(マッスル)とのヘッズアップの話です。

修羅男:4のポケットペアでミドルポジションから3BBレイズ

マッスル:BBにてコール

ヘッズアップへ

 

<フロップ>

( ゚ ω ゚ ) ! !来ました!修羅男は念願のセットです。しかし、フラドロが怖い。

マッスル:チェック

修羅男:5BBベット

マッスル:コール(通常のスピードでコール)

 

<ターン>

Aが落ちました。修羅男的には、マッスルがAヒットハイキッカーか、もしくはAヒットの2ペアを期待していました。

マッスル:チェック

修羅男:14BBベット

マッスル:コール(少し時間をおいてコール)

修羅男:「今のコールまでの間は何を考えていたんだろうか。ブラフをしようとしたのか。オッズの計算をしていたのか。オッズの計算にしては少し長い気がする。」

 

<リバー>

(T0T)3枚目のハートが落ちました。最悪。

マッスル:ベット103BB(カードが開いた後、すぐに

修羅男:「うわーー、打ってきたー。ハートのフラッシュ完成したのかな?セットでこのシュチュエーションは嫌だな。てか、ベット額でかすぎでしょ。ブラフでしょ。ただ、ベット額デカすぎて、逆にブラフじゃない可能性あるじゃん。悩む・・・」

★ここからがリーディング★

修羅男:「フロップの即コールは、ドローかトップヒットあたりはあるはず。そう考えるとフラッシュはあり得る。ターンはどうか?ターンの時間をかけたコールが気になる。通常、フラドロだったらマッスルの場合はターンもサクッとコールするでしょ。リバーはどうか?リバーで自分がフラッシュできたら先打ちするかな?ナッツフラッシュだったら、最大限バリュー取るだろうし。通常のフラッシュならオーバーフラッシュ警戒するよね。どちらにしろ判断が早すぎる。これはターンでブラフアウツ計算してからのリバーブラフでしょ。だから、リバーでハート見た瞬間にアクションできたってことでしょ。」

 

修羅男:コール

マッスル:J9♢スート

 

まとめ

今回の場合、リバーの額が大きすぎるのでブラフっぽいですよね。後から、マッスルに聞いたところ「53BBのベットを間違えて、103BBでベットしてしまった。」とのこと。

今回のポイントは、「相手のコール・ベットまでの時間を捉えていたこと。」「リバーで相手の状況になって考えれたこと。」だと思っています。こちらとしては、「フラッシュかどうか。」をジャッジしたかったので、相手がフラッシュハンドを持っている前提で相手の気持ちになってリバーの状況を考えたときに、ベットまでの時間がフラッシュハンドではおかしいと気づけたところがポイントでした。相手のコール・ベットの時間は日ごろから把握しておくと良いですね。

 

-リーディング成功談

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5