NEWS

[POKER NEWS]CantuがNegreanuに「全財産を賭けてプレイしろ」と暴言

ポーカーの腕前を試すのに、ヘッドアッププレイほど純粋なものはないでしょう。広いレンジと一人の対戦相手に対して、ゲームの中で最も決断力を要するものです。だからこそ、トップレベルのプレイヤーのほとんどが、ヘッドアッププレイで勝つことを意識するのです。そのため、ヘッズアッププレイで勝てなかったときは屈辱的であり、時には、悔しい思いをすることもあります。それが大舞台で何度も繰り返されると、なおさらですね。
Daniel Negreanuは、PokerGOの「High Stakes Duel」で、同じくゲーム界のレジェンドであるPhil Hellmuthに敗北を喫した後、このような状況に置かれています。
今回の敗北は、Phil Hellmuthに2度敗れただけでなく、8年前から続いているヘッドアップでの不名誉な敗北でもあります。さらに、長年のライバルであるDoug Polkとの敗北は、注目を集めたトラッシュトークの後に起こったものです。

Negreanuの心理

Daniel Negreanuは内省的になり、長いTwitterのスレッドで自分の考えを伝えました。
彼は、数百ハンドのサンプルから得られる結果に苛立ちを感じ、負けが増えるにつれ、世間からの非難を感じていることを認めました。彼は、ブラインドが高くなり、より分散が高くなるプレーを強いられる前に、2つの試合のほとんどでリードしていたことを指摘し、自分を少し弁護しました。そして、Phil Hellmuthの2回目の対戦での力強いプレーを評価し、最終的には3回目の対戦を期待していること、そして、まだすべてを取り戻すチャンスがあることを喜んでいると述べました。
最後に、批判的な人たちへの言葉を述べて締めくくりました。

Cantuの暴言

Daniel Negreanuを批判した人の中には、Phil Hellmuthの長年の友人である Brandon Cantuも含まれていました。 Brandon Cantuは、一連のツイートでDaniel Negreanuを非難する際に、直接的な言い回しをし一切の躊躇をしませんでした。彼は、Daniel Negreanuのプレイを「ひどい」と言い、Hellmuthに3度目の敗北を喫することは、彼がヘッドアッププレイに向いていないことを証明することになると言いました。
Negreanuは、最後の試合に3対2の賭けをしていて、"資金は借りられるだけ借りよう と思っている”と答えています。
Brandon Cantuは、今のところ誰もNegreanuのヘッドアップゲームを真剣に受け止めることすらできず、"見ていてつらい "と答えました。

トラッシュトーク

NegreanuはCantuに賭け金を要求し続け、CantuがNegreanuを侮辱するダイレクトメッセージのスクリーンショットを投稿した後、事態はさらにヒートアップし、長年のプロ同士のトラッシュトークはエスカレートしていきました。

 

全資産をかけたヘッジアップか?

Cantuは、Negreanuに新しいニックネームを「ブライドメイド」にすると言って挑発し続けましたが、NegreanuとHellmuthの第3試合に賭けることにはあまり興味がないようでした。 しかし、Negreanuとの対戦については、「大金をかき集める」ことを厭わず、「High Stakes Duel」と同じ仕組みでベストオブ7シリーズを行うと言っていました。 そこから先は、ちょっとした暴言が飛び交い、ついていけなくなりました。CantuはNegreanuの全財産で勝負すると言っているようで、彼には無限の資金を持つ後援者がいることをほのめかしていました。   CantuはPokerGOが撮影してもいいと言い、Negreanuは少なくとも1億ドルを持っていなければ来なくてもいいと言いましたが、同様の暴言と挑戦が続き、罵詈雑言が飛び交いました。   威勢がいいだけかもしれないし、Cantu対Negreanuの試合は、Negreanuの新しいヘッズアップの旅の次の試合になるかもしれない。そういえば、前述のポークもHellmuthに挑戦状を突きつけていましたね。

-NEWS

© 2021 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5