国内大会

2022.11.2-6 WPT Tokyoが面白そう!気になるトナメをPick up!

2022年11月に東京でWPTが開催されるそうです。情報を辿っていると結構面白そうなので、特集記事を書きたいと思います!

WPT tokyo概要

期間 2022年11月2日(水)~6日(日)
会場 新宿住友ビル 三角広場
メインイベント 3Days
総額1,000万円の選手契約
サイドイベント 39個のトーナメント
公式HP(英語) こちら
公式HP(日本語) こちら

WPTと言えば、世界中で開催される超大型トーナメントです。この大会が日本で開催されるということで、これは参加するしかないですね。ここからWPT tokyoの詳細に触れていきたいと思います。

メインイベント

<Day1回数・参加数>
メインイベントは、Day1 A~Dの4回に分けて開催されるそうです。そうなると、かなりたくさんの人が参加することが見込まれます。超大型イベントですね。昨年度の参加者が1,291名だったので、今年も1,000名を超えると予想しています。

<プライズ>
公式HPからプライズ表を持ってきました。メインイベントのプライズ合計が69,760ドル分の選手契約となっています。日本円に換算($1=150円)すると10,462,500円です。1,000万円超えてきましたね。1位は23,070ドルの選手契約です。こちらも日本円に換算($1=150円)すると3,460,500円です。

<参加方法>
ダイレクトバイインはできません。Day1に参加するためには、アミューズメントカジノのトーナメントに参加して参加権利を獲得する必要があります。アミューズメントカジノに行けない人のために、オンラインポーカーアプリ m HOLD’EM(エムホールデム)でも参加権利を獲得できるそうです。

 

三角広場

三角広場と言えば、新宿駅西口の超大型イベントスぺースです。「駅直結」、「2,000人収容」、「晴曇に左右されない屋内空間」という最高のイベントスペースです。2020年にリニューアルされたみたいで、会場の綺麗さにも注目です。

WPT tokyoの公式Twitterに会場の様子を撮影した動画が上がっていました。映っているのは、ちなてぃさんですね。最近、開催されていたPGC(Poker Girls Collection)の優勝者です。ちなてぃさんは、ポーカーイベントの司会もされているので、今回のWPT tokyoで見かけることができるかもしれませんね。

 

39個のサイドイベント

メインイベント以外にも39個のサイドイベントが用意されているようです。メインイベント飛んでしまっても、サイドイベントがたくさん開催されているので、たくさんポーカーができそうです。

11.02  WEDNESDAY
時間 No イベント名 参加費 チップ レイト
15:00 #02 (A) NLH House Warming Day 1A ¥15,000 20,000 20:45
19:00 #03 NLH Crazy8 ¥8,800 20,000 22:30
19:00 #04 PLO Kick-off ¥12,000 30,000 23:40
22:00 #05 NLH Twice ¥12,000 20,000 24:30
23:00 #06 PLO Turbo ¥8,000 30,000 25:30
23:00 #07 NLH Turbo ¥10,000 15,000 25:40
26:00 #08 NLH Hyper ¥8,000 10,000 27:00
11.03  THURSDAY
11:00 #01 Main Event Day 1B ¥5,000 20,000 – 17:35
12:00 #09 MIX H.O.R.S.E. ¥20,000 50,000 16:30
15:00 #02(1B) NLH House Warming Day 1B ¥15,000 20,000 20:45
16:00 #10 FL Badugi ¥10,000 30,000 19:15
18:00 #11 NLH Monster Stack ¥20,000 50,000 21:50
19:00 #12 PLO Deep ¥15,000 40,000 22:05
22:00 #13 NLH Deepstack ¥15,000 30,000 24:30
23:00 #14 PL Big O ¥8,000 30,000 25:50
24:00 #15 NLH Turbo ¥10,000 15,000 25:40
26:00 #16 NLH Hyper ¥8,000 10,000 27:00
11.04  FRIDAY
11:00 #01(C) Main Event Day 1C ¥5,000 20,000 – 17:15
11:00 #17 NLH Builder ¥12,000 30,000 14:30
16:00 #18 FLO Hi/Lo8 or Better ¥10,000 30,000 19:00
16:00 #19(A) NLH National Day 1A ¥20,000 30,000 22:30
18:00 #01(D) Main Event Day 1D ¥5,000 20,000 – 23:25
19:00 #02 (2) House Warming Day 2
19:00 #20 MIX NLH&PLO ¥12,000 30,000 23:40
20:00 #21 NLH Tag Team ¥20,000 20,000+20,000 23:20
22:00 #22 NLH Deepstack ¥15,000 30,000 24:30
23:00 #23 PLO Hi/Lo8 or Better ¥10,000 30,000 25:50
24:00 #24 NLH Turbo ¥10,000 15,000 25:40
26:00 #25 NLH Hyper ¥8,000 10,000 27:00
11.05  SATURDAY
11:00 #19(1B) NLH National Day 1B ¥20,000 30,000 17:30
12:00 #01(2) Main Event Day 2
13:00 #26(1) PLO Championship ¥20,000 50,000 19:30
16:00 #27 NLH Deepstack ¥15,000 30,000 18:50
16:00 #28 NLH 6+ ¥15,000 30,000 20:20
18:00 #29 Special Event TBD 23:40
19:00 #30 FL 2-7 Triple Draw ¥12,000 30,000 23:20
20:00 #31 NLH Black Chip Bounty 1/3 ¥20,000 20,000 22:40
23:00 #32 NLH Gold Rush ¥10,000 15,000 24:40
23:00 #33 PLO Turbo ¥8,000 30,000 25:50
25:00 #34 NLH Hyper ¥8,000 10,000 26:00
11.06  SUNDAY
11:00 #1(3) Main Event Day 3
11:00 #19(2) NLH National Day 2 Restart
11:00 #35 NLH Megastack ¥13,000 30,000 14:30
13:00 #36 NLH WPT500 ¥50,000 50,000 16:30
13:00 #26(2) PLO Championship Day 2
13:00 #37 MIX Triple Draw ¥15,000 30,000 17:20
14:00 #38 NLH Mystery Bounty ¥20,000 30,000 16:30
15:00 #39 PLO Closer ¥12,000 30,000 18:15
16:00 Flipout Satellite to 8-max at 1/6 ¥2,000 18:40
17:00 #40 NLH 8-max 15,000 18:40
17:00 #- PLO 5-card ¥6,000 30,000 19:40

 

サイドイベント特集

メインイベントの参加権利を持っていなくても、サイドイベントがあります。私はメインの参加権利がまだ獲得できていないので、サイドイベント狙いで行くつもりです。サイドイベントの中で、面白そうなものがあったので、その内容を記載します。

#03 NLH Crazy8

普段見かけないトーナメントネームだったので調べてみたところ、変則ストラクチャーだそうです。トーナメントの前半は25分ブラインド、後半は20分ブラインドです。その中で面白いのが、レベル5と6(400-800)、レベル13と14(4,000-8,000)、レベル21と22(50,000-75,000)はブラインドの時間が2倍です。刻々と上がっていくブラインドの中で、急にブラインドが2倍になるので、このブラインドをどう攻略するかがトーナメント攻略のポイントになるんじゃないかと思っています。

#19 National

こちらは、Day1がAとBに分かれているマルチDay1イベントです。トーナメント自体はDay2まであるので、かなり参加人数が多そうです。メインイベントの次に大きなトーナメントになるんじゃないかと予想しています。加えて、ブラインドが40分なので実力がしっかり反映されるトーナメントですね。おそらくサイドイベントの中で一番やりがいがあると思います。メインイベントの参加権利が取れなかった人も、Nationalで大型トーナメントを体験してみるのもいいのではないでしょうか?プライズもかなり大きいようです。1位は18,460ドル分の選手契約です。

#29 Special Event

こちらが気になるんですよね。参加費もチップ数を記載されていません。TBDとなっています。噂によると、直前で発表されるとか。気になりますね。今回のサイドイベントを見ると「Hi/Lo8」「MIX NLH&PLO」「Tag Team」「FL 2-7 Triple Draw」「Mystery Bounty」はあるんですね。なので、これとは異なるサイドイベントとなると何が残っているのでしょうか?

<当サイトの予想>
【その1 ハイローラー】
日本の大型トーナメント大会のJOPTだと、「Platinum」という参加費50,000円のトーナメントがあるんですね。今回のWPT tokyoでは、参加費50,000円のトーナメントが「NLH WPT500 (¥50,000)」となっています。この参加費を超えてくるハイローラーイベントなのではないかと思っています。50,000円を超えるとなると、参加できる人も限られてきますが、大会の目玉イベントになると思われます。

【その2 シャークケージ】
海外のYoutube動画で見たことがある内容です。リバーの最後アグレッシブなアクションに対して、ブラフか本物かを見極めるゲームです。ブラフキャッチが成功すると、キャッチされた側にはペナルティがあります。ブラフされた側は、ブラフで負けてしまった場合、ペナルティがあります。

 

まとめ

今回は東京で開催されるWPTについて記事を書きました。色々調べていてサイドイベントが面白いと思いました。Specialイベントがどうなるのかも楽しみです。皆さん、是非チェックしてみてください。

-国内大会

© 2022 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5