海外遠征

海外遠征~マカオ編 その1~

こんにちは。修羅男です。本記事では、修羅男がマカオに遠征したときの内容を記載したいと思います。マカオはキャッシュリングのレートも高いですが、観光するとこともたくさんあります。チケットの手配から現地のでタイムスケジュールなどをご紹介したいと思います。

チケット

まずはチケットですね。日本からマカオに直行便のフライトも存在します。しかし、チケットが高いです。修羅男はエコノミートラベラーなので安いチケットを求め、香港経由でマカオに行きました。購入した香港行きのチケットはバニラエアでした。香港の記事はこちら

バニラエア

バニラエアで購入したチケットは以下です。
 金曜日 10:20 成田発 ~ 14:50 香港着
 木曜日 15:40 香港発 ~ 20:40 成田着
※他の国にも周遊旅行をしていたので、1週間くらいのフライトになっています。
これで往復で税込み、サーチャージ込みで14090円でした。安い!海外ってこんなに安く行けるんですね。

香港エクスプレス

使ったことがあるわけではないですが、香港エクスプレスも結構安そうです。下の画像のフライトなんかがお勧めです。香港エクスプレスはよくセールをやっていますし、価格も安いです。

香港国際空港→フェリー乗り場

香港国際空港に着いた後は、フェリー乗り場に向かいます。香港からマカオに向かうフェリー乗り場は3つあります。以下の3つがあるようです。

【香港島】香港・マカオフェリーターミナル
【九龍】チャイナ・フェリーターミナル
【香港国際空港・スカイピア】香港国際空港フェリーターミナル

このうち、香港島と九龍にあるフェリー乗り場は、空港を出る必要があります。スカイピアは、飛行機を降りてそのまま空港内を移動し、フェリー乗り場に行きます。
修羅男は、香港島の観光をした上でマカオに入ったので、香港島のフェリーターミナルのアクセスを説明します。

香港エアポートエクスプレス

空港からの移動は、このエアポートエクスプレスが最もアクセスが良いです。修羅男はバスなども考えましたが、時間とお金を考えるとこれが一番効率的です。

時間:機場駅 ー 香港駅 24分
値段:HK$205(往復)
間隔:約10分間隔で運行

香港→マカオ

港についたら、フェリーに乗ってマカオに向かいます。

フェリー会社

フェリー会社は主に2つあります。

コダイジェット
https://www.cotaiwaterjet.com/

ターボジェット
https://www.turbojet.com.hk/jp/

香港島からは、ターボジェットの方が本数も多いのでターボジェットがお勧めです。

マカオ側の港

マカオ側にも2つの港があります。

カジノが多数あり、世界遺産などの観光ができるのは上の図の上側の外港客運碼頭(マカオフェリーターミナル)です。なので、ここの港を目指しましょう。
香港島のフェリーターミナルからはターボジェット で行けるはずです。

次の記事はこちら。

-海外遠征

© 2020 修羅のポーカー Powered by AFFINGER5